スマホアプリ広告のクリック単価やクリック率を上げるマーケティング方法について

こんばんわ。タカユキです。

スマホアプリで収益のメインとなるクリック報酬型広告の単価についての概念や、単価アップ方法などについてまとめました。

スマホアプリ内クリック型広告の仕組み

アプリにインストールされ、大手利用されるクリック型広告はユーザが広告をクリック後にアプリのダウンロード画面へ遷移するものであると思います。

その後にユーザが広告主のアプリをダウンロードしたりアプリで課金をすることによって広告主が収益を得る仕組みとなっています。

つまりは、あなたのアプリで利用している「アプリ広告」が広告主の売上に貢献することによって広告単価が変わってくると言われています。

クリック型広告以外の制約型広告もそうですが、申込が多いWEBサイトなどでは通称「特単」呼ばれる言葉があります。

要は「あなたのサイトは申込があるから申込単価をあげますよ」と言った仕組みです。

広告主の目線で考えるとわかりますが、優良な広告枠には高いクリック単価を払ってもらえます。

その反対として、アプリ内課金につながらない広告枠に対してはクリック単価をどんどん下げていきます。

アプリ内の広告でよくあるのが1クリック1円のものと数十円のものがあったりします。

1円の報酬はだいたい誤クリックで、広告のクリック後に「戻る」ボタンを押してしまったと考えられます。

クリックを増やすためにボタンの近くに広告を配置したりするアプリをよく見かけます。

クリック率が二倍になっても単価が半減されれば全く意味がありません。

数年前の広告は誤クリック判定する機能がなかったとも言われています。

しかし、今では誤クリック判定が増えれば増えるほど広告主からの評価が下がる一方となります。

つまり・・・誤ったクリックを狙わないほうが良いということが分かりますよね。

クリック単価を上げる方法

もっとも単純ですが購買意欲のあるユーザが広告を意図して踏んでくれることです。

つまり、広告内容にマッチしたユーザー向けアプリを作るということです。

広告会社を見れば、どの層をターゲットにしているかもわかります。

nend広告でいいますと広告ターゲットは中高生以上となっています。

nend広告を利用する場合はターゲット層を考えてアプリを作らないといけないと言うことです。

例えば、ゲームユーザにはnendは非常にマッチします。

しかし、ゲームをしないユーザにはあまりマッチしていません。

子供向けなら子供向け広告を扱う広告会社を利用しないといけません。

こんなふうに広告会社がどんな広告を持っているかをアプリの開発段階でしっかり調べる必要がありますね。

まとめ

色々書きましたが・・・

やはり誤クリックもある程度の大きな収益なっているのは現実かもしれませんが。。

どんどんクリック判定が厳しくなっていだろうなと感じるこの頃。

正攻法が一番です!

しっかりと狙って広告配信をしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です