セミナーやイベントに!簡単・無料なGoogleフォームで出欠・予約フォーム作成

どうも、複業エンジニアのしゃけです。

こちらの記事でもちらっと書きましたが、私はセミナーやイベントをよく開催します。

その際、集客・予約・参加者管理・申込時返信メール・お礼メールなどは、基本Webで自動で完結させることがほとんどです。

今回はその中でも特に、出欠フォームや予約フォーム、アンケートが無料で簡単につくれて、データも管理しやすいツール「Googleフォーム」を、使い方も含めてご紹介します。

Googleフォームとは?

「Googleフォーム」とは、Googleが無料で提供している、フォーム作成・共有ツールです。

リンクさえ教えれば、そのフォームにアンケートなどを載せて解答してもらうことが出来ます。

また、回答もGoogleスプレッドシート(Excelのようなもの)に蓄積されるので、あとでデータを表にするのも簡単です。

さらに、回答状況を自動で円グラフなどのグラフにしてくれるので、フォームへの回答管理が非常にやりやすいツールと言えます。

Googleフォームでアンケートを作ってみよう!

まずはGoogleアカウントの取得を。

Googleのホームページの「ログイン」をクリックし、「アカウントを作成」というところを押してアカウントを作成しましょう!

Googleアカウントは、基本的にGmailアドレスのカタチで取得することになります。

ですので、既にGmailアドレスをお持ちの方は、そのアカウントを利用することで、新たに登録する必要なくGoogleフォームを作ることができます。

GoogleドライブからGoogleフォームを作成してみよう

さて、Googleアカウントが取得できたらいよいよフォームの作成です。

Googleのトップページの右上にある四角形がならんだようなマークをクリックし、「Googleドライブ」を選択。

googleform01

Googleドライブが開いたら、「新規作成」→「その他」→「Googleフォーム」とクリック。

googleform02

フォーム作成画面が開きますので、後は好きな様にフォームを作っていきましょう。

例えば、下の画面ではイベントのアンケートフォームを作成しているところです。

googleform03

おしゃれすぎて使い方がわからなくても、それぞれのアイコンにカーソルを合わせると説明が出てくるので安心です。

また、Googleフォームでは、いろいろな種類の項目を作ることが出来ます。

例えば、1つ選択させる「ラジオボタン」、複数選択させる「チェックボックス」、カレンダーから日付を選択させる「日付」などなど、かなり自由にカスタマイズすることが出来ます。

googleform04

上部にある「回答」タブを選択し、緑のアイコンをクリックし「新しいスプレッドシートを作成」を選択すると・・・

googleform05 googleform06

質問項目ごとの回答をGoogleスプレッドシートで見ることができます。

googleform07

Googleサービス用スクリプト言語、Google Apps Script

Googleフォームは、先述したように簡単につくってデータをためることが出来るだけでなく、「Google Apps Script」という、スクリプト言語(MicrosoftのExcelで言うところのVBAやマクロ)ためたデータを簡単に利用することが出来ます。

スクリプト言語と聞くと、えー、プログラミングが必要なの?と思うかもしれませんが、「Google Apps Script」は、JavaScriptという非常に自由度の高く簡単な言語に近い形で書かれているので、ルールさえ少し知ってしまえば書きやすい言語といえます。

またこのGoogle Apps Scriptは、Googleフォームだけでなく、他のGoogleアプリ、例えばGoogleスプレッドシートなどでも利用できるので、連携がしやすいです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

Googleのサービスは無料で簡単・便利なツールがたくさんあります。

無料ですので、わざわざお金を払って業者に頼まなくても、スタートアップ的にはじめることができます。

次回以降、折にふれてどんどんGoogleのサービスも紹介できたらと思います。

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です