WindowsにJDK(Java Development Kit)を インストールする手順

Androidアプリ開発は、基本的にJavaというプログラミング言語でコーディングします。

Androidアプリ開発をはじめるには、大きく2つのツールをインストールする必要があります。

一つは、Googleが提供しているAndroid Studioという開発用ツールです。

もう一つは、Javaでの開発をより便利に進めるためのツールであるJDK(Java Development Kit)です。

今回は、そのJDKというツールのインストール方法をWindowsパソコン向けにご紹介します。

※本記事はWindows向けです。Mac版のJDKインストール手順はこちらの記事をご覧ください。
>>

  1. JDKのダウンロード
  2. JDKのインストール

JDKのダウンロード

下記URLにアクセスして下さい。
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

次に、JDKと書かれている下の「DOWNLOAD」ボタンをクリックして下さい。
jdk_win_img1

そして「Accept License Agreement」を選択後、WindowsのOSが32ビットの場合は「Windows x86」64ビットの場合は「Windows x64」のexeファイルをクリックして下さい。ダウンロードが始まります。
jdk_win_img2

※自分のWindowsのOSが32ビットか64ビットかわからない方は、下記ページを参考に確認をお願いします。
Windows7での確認方法
Windows8での確認方法

JDKのインストール

ダウンロードが完了したら、ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックします。すると以下のウインドウが表示されるので「はい」ボタンをクリックして下さい。
jdk_win_img3

「次 >」ボタンをクリックします。
jdk_win_img4

「次 >」ボタンをクリックします。
jdk_win_img5

下記ウインドウが表示され、インストールが始まります。しばらくお待ち下さい。
jdk_win_img6

下記ウインドウが表示されたら「インストール先:」をメモしておいてください。メモが終わったら「次 >」ボタンをクリックします。
jdk_win_img7

下記ウインドウが表示されますので、しばらくお待ち下さい。
jdk_win_img8

以下のウインドウが表示されれば、JDKのインストールは完了です。「閉じる」ボタンをクリックして下さい。
jdk_win_img9

以上でWindowsパソコンにJDK(Java開発ツール)を導入する手順は終了です!

Android Studioインストール手順(Windows編)はこちら↓
>>Androidアプリ開発入門① WindowsにAndroid Studio(開発ツール)を導入しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です