職業訓練体験談〜IT系は受講しながら他でアプリを開発してみよう!

こんにちは、タラコです。

自分は、IT系の職業訓練を受講したことがあります。

職業訓練は、ざっくり言うと「失業保険をもらいながら勉強ができるスクール」です(失業保険をもらえるかどうかは、前職の雇用保険などの条件にもよりますが)

また、失業保険がすぐもらえない(=給付制限)状態でも、訓練の受講が始まればすぐもらえるなど、お金的なメリットが結構ありますが、それは今回の記事の主題ではありません。

今回お伝えしたいのは、IT系の場合、職業訓練だけだと再就職は厳しいのでは?というお話です。

雰囲気はゆるい

訓練ではいろいろ教えてもらいましたが、雰囲気はとてもゆるかったです(自分の場合はですが)

IT系資格の取得をうながされるわけでもなく、試験があるわけでもなく、ひたすら座学。

時間も朝9時から16時ぐらいまでと、会社に行っていた頃に比べれば拘束時間も非常に短い。

 

ですので、ある意味とても楽でした。

楽ですが、受講して1ヶ月程経過した後、非常に不安になってきまして。

果たしてこれで、プログラマとして働いた経験のない自分が、プログラマとして働くことができるのかと。

何かアプリを作り上げてみる

それからは、訓練が終わってからの時間を使って参考書で勉強し、参考書に書かれているサンプルを作ったり。

また、それでも不安は収まりませんでしたので、訓練校とは別のIT系スクールにも通い始めまして。

そして、そのスクールの先生に教えてもらいながらあるアプリを作り上げ、それがキッカケで転職も何とか実現しました(給料は前職よりも安かったですが)

 

IT系の業界は、経験超重視の世界です。

実際に転職活動を始めてみればわかりますが、必須条件として「経験年数3年」なんてのがザラの世界。

未経験者をいきなり雇ってくれる企業なんて、そうそう見つかりません。

 

ですが、そこで未経験者の武器となり得るのが、自分で作りあげたアプリです。

アプリは、自分の作りたいモノがあればベストですね。勉強のやる気と、知識の身につき方が全然違います。

また、作るアプリはWebアプリでも、スマホアプリでも何でもいいと思いますが、転職したい分野のモノであれば尚良いのではないかと。

まとめ

IT系の職業訓練を受講することができたはいいが、自分が紹介した訓練のように楽だった場合、それだけで安心してしまうと転職は厳しいかもしれません。

ですので、その場合は自分が作りたいアプリを考えてみましょう。

そして、職業訓練以外の時間を有効に使って、アプリを作り上げましょう。

それが、転職の際のあなたの武器になってくれるハズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です