Macでゴミ箱を経由せずファイルやフォルダを削除するショートカットキー

今回は、Macでファイルやフォルダをゴミ箱を経由せず、跡形もなく消すショートカットキーをご紹介したいと思います。

※ターミナルでコマンドとかうちこむ必要全くありません! キー2つ同時押しするだけ!

答えは ⌘(コマンド)キー + alt(option)キー

こんにちは、複業(副業)エンジニアのモッツです。

もう二度と使う予定のないファイルやフォルダって、ゴミ箱に残したくないですよね?

WindowsならShiftキー+Deleteキーでファイルをゴミ箱に残すことなく消去することができます。

でもMacでこれをやろうとすると、よくわからないですよね・・・

それどころかFinderでゴミ箱をみてみても、「ゴミ箱を空にする」くらいしかぱっと見つからないという。。

調べてもあんまり出てこないし、挙句の果てにターミナルにコマンドうちこむとか言う謎の情報も。。。

今日はそんな悶々とした問題に終止符を打ちたいと思います。

見出しに書いたとおり、答えは・・・

ファイルを選択した状態で、「⌘(コマンド)キー」+「alt(option)キー」同時押し です!

するとこんな画面↓が出てくるので、

mac-delete

「削除」をクリックすれば、ゴミ箱に残ることなくファイルやフォルダを跡形もなく消すことが出来ます!

今回は以上。ではまた次回!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です