Webマーケティング未経験は何歳まで就職可能?勉強方法は?

IT業界で仕事をしていると一度は耳にするWebマーケティング。

近年ではIT業界にかぎらず、様々な業界でマーケティングという言葉自体もだいぶ一般化してきましたね!
かっこいい言葉ですが、そもそも何をしているの??と疑問に思う方もたくさんいるのではないでしょうか?

マーケティング、とくにIT業界のWebマーケティングの仕事につきたい!!
…でも、年齢って何歳まで大丈夫なのかな・・?なんて不安もあると思います。

そんなあなたのために今回は、おすすめのWebマーケティングの基礎知識、勉強方法、スクールなどについてまとめました。

マーケティングって?

「Webマーケティング」の話に入る前に、まずは、よく聞く「マーケティング」についてみてみましょう。

マーケティングとは、

「企業や非営利組織が行うあらゆる活動のうち、『顧客が真に求める商品やサービスをつくり、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動』の全てを表す概念」

Wikipediaより

のことを指します。

少し難しいので、端的に表すと、「商品を売るための仕組みを作ること」だと考えられます。

そしてマーケティングの仕事は、

「リサーチ」「広告宣伝」「データ分析」

など、多岐にわたります。

かの有名な「ピーター・F・ドラッカー」のマーケティングによれば、

マーケティングの理想は、販売を不要にすることである。マーケティングが目指すものは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである。

(『マネジメント【エッセンシャル版】』参照)

ともいわれています。

お客さんにとって最適な商品が勝手に売れていくのがマーケティングのゴールであるとも言えるかもしれません。

マーケティングについて、なんとなくわかりましたか?

Webマーケティングとは?

さていよいよこの記事の本題、「Webマーケティング」についてです。

Webマーケティングとは、Webを中心に行われるマーケティングで、WebサイトやWebサービスを用いて行われるものです。

ひらたく言うと、「Webサイトを利用してお客様が購入する仕組みを作る」ということです。

一般的なマーケティングと概念は同じです。
ただ「どうやって」マーケティングを行うか、というだけの話です。

違いといえば、例えば、分析のためのデータ収集方法があげられます。

一般的なマーケティングの場合だと、分析するためのデータを、アンケートや会社の財務書類などから利用します。

駅前や会社周辺でアンケートに答えたことがある方もいらっしゃるかとおもいますが、まさにアレもマーケティングの一種なんですね。笑

一方、Webマーケティングでは、デジタルデータを用いることが多くなっています。

デジタルデータとは、たとえば、Webサイトへのアクセス履歴や、購入履歴などです。

ここまでで抑えておけばいいのは、次の2点です。

マーケティングとWebマーケティング

  1. マーケティング = お客さんに最適なものを届けるための活動
  2. Webマーケティング = Webやインターネットを用いたマーケティング活動

Webマーケティングの仕事ってどんなことをやるの?

さて、そんなWebマーケティングの仕事内容といえば、どんなものが挙げられるでしょうか?

たとえば、
「サイト分析」「SEO」「Web広告出稿プランニング」
などがメインになります。

簡単に説明すると、「SEO」は、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで自分のWebサイトを上位に表示させるような仕事で、「Web広告出稿プランニング」は、FacebookやGoogleに出す広告の内容や掲載期間や単価などを調整する仕事です。

さらに、このような仕事にはデータ分析も欠かせません。

それが「サイト分析」です。

これには自社のWebサイトだけでなく競合他社のWebサイトの分析も必要で、サイトに訪れるユーザーのアクセス解析や、行動履歴、サイト滞在時間などから、傾向を予測したりすることが大事になってきます。

とくに最近では、そういったデータ分析の専門家を特に「データサイエンティスト」と呼んだりもします。

私も、「R」と呼ばれる分析に特化した言語を用いて、データ解析を行ってきました。

「ビッグデータ」という言葉が飛び交うようになってひさしいこの時代において、このデータ分析スキルも、かなり有力な武器になることは間違いありません。

Webマーケティング未経験から何歳まで就職可能?

Webマーケティングに従事する人を「Webマーケター」と呼んだりしますが、そんなWebマーケターの求人には、年齢を指定されていることはありません。

ただ、40歳で「Webマーケティング未経験です!」なんて言われてしまうと、面接官の立場からしても、さすがに就職は厳しいところがあるかと思います。

一般的には、30代半ばくらいまでが、未経験からでも就職可能な期間だと思います。

とくにここ数年は、多くのITサービスが国内外問わず普及し、Webマーケティング分野もITエンジニアと同様に人材が圧倒的に足りていません。

そんな背景から、「未経験者歓迎」の求人も急増してきています。

ですので、たとえば今あなたが、営業スキルや経理・法務スキルなどを持っていれば、多少年齢を重ねていてもWebマーケティングスキルを勉強で補うことで、就職・転職年齢も幅広くなりそうです。

また、Webマーケティング職もITエンジニアと同様、基本の作業はパソコン中心の仕事です。

なので、在宅ワークをされたい方にも向いている職種とも言えるでしょう。

※在宅とはいえもちろん、企業のWebマーケティングを担当する際等は、どんな施策(売るための作戦)を練るか?といった打合せなどは必要です。

Webマーケティングの勉強方法は?

Webマーケティングに従事するマーケターになるためには、どんな勉強が必要なのでしょうか?

まず最低限、次に挙げる用語くらいは、学んでおくべきです。

  • SEO、SEM、GoogleAnalytics
  • リスティング広告、アドネットワーク広告、アフィリエイト広告
  • SNS広告、リターゲティング広告、メールマーケティング
  • LPO、EFO

などなど

個人ベースでの勉強の場合、このあたり言葉と詳細な意味は、まずは書籍で学ぶと良いかもしれません。

また、もちろん用語の理解も大事ですが、Web業界で一番実戦で活きるスキルは、GoogleAnalyticsを使いこなせるスキルです。

※GoogleAnalyticsは、無料でかなりのデータを詳細に分析できるツールです。

そして、そのようなスキルを学ぶのに一番手っ取り早いのは、書籍やネットの理論ベースに加え、実際にWebサイトを運営してみる経験です。

やはり自分でいちから作り出して運営してみる経験は、付け焼き刃ではない強い土台となるでしょう。

でも、そうはいっても、何から始めていいかわからない!そんな簡単には自分でできないよ!という方も多いと思います。

そういった方は、いっそ「スクール」にかよってみてしまったほうが、長期的に見たコスパが一番高いと思います。

確かに、Webマーケティングも市販の書籍で学ぶことは可能です。

ですが、どこで活きるかわからないことまで書いてある分厚い本を読みつづけるモチベーションなどを考えると、企業で実際に使えるスキルを体系的に学べるスクールのほうが、人によってはスキルアップ効率が遥かに高いでしょう。

そんなスクールのなかで、TechAcademyは、Webマーケティングを学べるドンピシャのコースが用意されています。

>>TechAcademy公式サイトはこちら

オンラインですので、時間や場所を気にせず利用可能な点も、忙しい社会人にはオススメといえます。

また、TechAcademyは、無料体験講座をうけることができます。

>>TechAcademyのWebマーケティング講座の無料体験はこちら!

まとめ

IT業界に於けるマーケティング活動であり、当たり前な言葉となったWebマーケティング。
さらに踏み込むと、スマホアプリマーケティングなんかも普及しています。

デジタルIT時代のマーケティングの根幹には、GoogleAnalyticsをはじめ、SNS、GoogleAdwords などなど…学ぶべきことが多くあります。

もし、これからWebマーケティングを学びたい方への、一番のおすすめは、実際にWebサイトを運営し、GoogleAnalyticsを利用できるようになることです。

でも、それはさすがにハードルが高い!ということであれば、書籍もいいですが、やる気が続く気がしないのであれば、Webマーケティングを学べるスクールに通ってしまったほうが効率がいい場合もあるのです。

Webマーケティングがオンラインで唯一学べるTechAcademy

【参考】ポータルサイトやアフィリエイトブログなどのWebサイトの作り方を学びたい方は下記リンクを覗いてみて下さい!

WordPressコース

それではまた次回!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です