WebCampの講座内容と料金について!申込方法もまとめました。

多くのプログラミングスクールがある中でどこのプログラミングスクールを受ければいいか?と。
お悩みの方は非常に多いと思います。

オンラインスクールと対面式スクールどちらがいいのか?など疑問の問い合わせがよくありますので、その件は別途記事にしたいと思います。

今回は対面式で今一番おすすめできるスクールの1つWebCampを紹介します。
(今回紹介するWebCampの開催地は東京(渋谷)のみとなります。)

とりあえずWebCampの公式サイトを見てみる。
1ヶ月短期集中!WebCamp

どのような学校へ通うときも下調べは必須となります。

5年前はほとんどプログラミングの学校なんかはありませんでした。
しかし、現在はかなりのスクールが乱立してきています。

入校する前にどんな学校か調べておく必要があります。

私には合ってもあなたには合わない可能性もあります。

そんなわけで、ぜひとも体験講座を対面で受けて欲しいと思える学校の1つであるWebCampについての紹介となります。
体験コースは無料なので気楽に参加しましょう♪

無料体験コースのお申込みはこちら
1ヶ月短期集中!WebCamp

WebCampとはどんな学校?

what-web-camp
WebCampは一ヶ月(4週)でプログラミングスキルの初心者から中級レベルまで育てる学校です。

1度の講義は3時間となっています。

WebCampは3つのコースから成り立っています。

(1)Webデザイナーコース

1ヶ月でWebデザイン未経験・初心者の方でもWebデザインスキルが身に付くコースです。短期間で自分のオリジナルサイトを作成することが可能となります。

【こんな人にオススメ】
・Webデザイン未経験の方
・Webデザイナーを志望する社会人・学生の方
・自分のお店などのホームページを作成してみたい方

身につくスキルは下記となります。
・HTML
・CSS
・Photoshop
・jQuery

WebデザイナーコースはWebデザイナーに必須となる基礎スキルがみっちり身につきます。
上記の4つのスキルの中で2つ以上をそれなりに触れられる方は行く必要はないと思います。

4週間のスケジュールは下記となります。

内容
1週目 Photoshopの基本的な操作を覚え、Webページの完成図となるモックアップを作っていく為に必要な設定をしていきます。
2週目  HTML/CSSの関係性を考え、コーディングの為の基礎知識を身につけていきます。モックアップをコーディングするためにイメージを固めていきます。
3週目  jQuery&Media Queriesに関する基礎知識を身につけていきます。また、それらをオリジナルのWebサイトに導入するか検討しながら進めていきます。
4週目 サーバーへのアップロード方法を学んでいきます。また、SEO評価となるグーグルの検索にどうやったら上位表示できるかを学んでいきます。

(2)プログラマーコース

1ヶ月でプログラミング未経験・初心者の方でもプログラミングスキルが身に付くコースです。
TwitterやFacebookのようなWebアプリケーション・サービスを開発するための基礎技術が学べます。

【こんな人にオススメ】
・プログラミング未経験の方
・エンジニアを志望する社会人・学生の方
・自分でサービスを開発してみたい方

身につくスキルは下記となります。
・Ruby
・Ruby on Rails
・SQL
・GitHub

4週間のスケジュールは下記となります。

内容
1週目 授業の初めに環境構築をしてその後にRuby基礎文法の問題を解いてもらいます。自分が書いたコードをグループ内で見せ合い議論します。
2週目  Rails基礎をWALSを使って学習してきてもらいます。MVCアーキテクチャを駆使してCRUD操作を行えるようにしていきます。
3週目  サンプルアプリケーションをクローンし、twitter簡易版を開発していきます。
4週目  引き続き開発を進めていき、Twitter簡易版の完成を目指していきます。

「サービスを作りたい」 そんな言葉をよく耳にしますがそもそもサービスの意味をわかっていない人が多い気がします。
サービスを作るための基礎がしっかりと身につけられる講義となっています。

(3)iPhoneアプリコース

iPhoneアプリコースでは、1ヶ月でプログラミングをはじめとしたiOSアプリ開発に必要な技術を習得できる、実践的なiOSアプリ開発者養成コースです。

【こんな人にオススメ】
・iOSアプリ開発未経験の方
・iOSアプリ開発者を志望する社会人・学生の方
・自分でiOSアプリ開発し、ストアで公開したい方

身につくスキルは下記となります。
・Xcode
・Swift
・CocoaPods
・Firebase

4週間のスケジュールは下記となります。

内容
1週目 XcodeやSwiftの基本的な部分を学び、講義ではゆっくり丁寧に説明しながら簡単なアプリを1つ作成します。
2週目 予習で診断アプリを作成し、講義では100万のたまごアプリを作成します。講義の後半では自作アプリの作成に向けて計画を練ります。
3週目 今や誰もが持っているGunosyやSmartNewsのような、ニュースアプリを予習で作成します。講義では少し高度な技術知識を学びつつ、自作アプリの開発も行います。
4週目  LINEのようなSNSアプリを予習で作成し、講義で自作アプリを完成させます。1ヶ月で自分のアプリが作れる達成感はこの上ないものです。

特に!!

アプリ開発は学生が学んだり社会人が副業として行うのに一番良いと考えています。

アプリは他のプログラミングサービスよりも手返しが良くマネタイズが行いやすい分野だからです。

なのでとりあえず始めてみたい方はアプリ開発がオススメです!!

WebCampの講義スタイルについて

2種類の講義スタイルが選べます。

(1)集団講義
週1回の集団講義に参加するタイプの受講スタイルです。
アウトプット型の講義なので、十分な予習が求められます。
グループワークが多く他生徒との交流の機会が多くあります。

(2)フレックス制度
毎日11:00〜23:00まで通い放題の受講スタイルです。
(※要予約)教室に常駐している講師に、分からないところを質問し放題です。
→グループワークや発表はなく公文式や家庭教師と言ったイメージでしょうか。

スクールへの通い方にもよりますが、個人的には集団講義が良いと思います。
プログラミングとは孤独な作業であり対面スクールに通う意味として大きなことは、同じ目的を持つ仲間を見つけることだと思います。

なので、フレックス制度に参加するなら他のオンライン講座でも十分だと思います。

wals

また、WebCampは受講生に独自の「WALS(ワルス)」と呼ばれる学習管理システムを開発して利用しております。

(最近は多くのスクールもこういったシステムを取り込んでいます。)
スクール専門のSNSコミュニティサイトですね。

学習の進捗管理と掲示板が特徴です。

WebCampの料金について

集団講義 フレックス制
社会人 ¥11,800 (税抜) ¥126,000(税抜)
学生 ¥59,800(税抜) ¥69.800(税抜)

講座の割引について・・・

卒業生からの紹介にて5%OFF
2名以上の同時申込みで10%OFFとなります。

学生は約50,000円割引って非常にお得ですね!!

無料体験コースのお申込みはこちら
1ヶ月短期集中!WebCamp

WebCampの申込方法について

下記からURLをクリックします。
1ヶ月短期集中!WebCamp

トップ画面にて「受講申し込み」をクリックします。

次の画面で下記の項目を全て記入し、「利用規約に同意する」をクリックし、「入力内容を確認する」をクリックします。
※「お問い合わせ」は入力しなくてOKです。

入塾前にカウンセリング面談があるため、入力項目の「希望日」は面談の日程となります。

最後に内容を確認して問題なければ「送信する」をクリックします。

これで申し込みは完了です!!

まとめ

今回はWebCampと呼ばれる対面式のプログラミングスクールを紹介しました。
こちらのスクールは口座の種類は少ないのですが、「プログラミングコース」「WEBデザインコース」は間違いありません。
※社長とも会話しておりますw

もしも、一歩踏み出せないと言う方は体験コースへ参加されてはいかがでしょうか?
ぜひとも現場を体験してみて下さいね。

無料体験コースのお申込みはこちら
1ヶ月短期集中!WebCamp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です