知ってましたか??
プログラミングスクールへ通っても3割近くは最後までやり遂げないこと・・・
あなたにピッタリのプログラミングスクールで自由な働き方を==>>variiis公式サイトへ

知ってましたか??
プログラミングスクールへ通っても3割近くは最後までやり遂げないこと・・・
スクール選びの失敗をしたくない方へ==>>variiis公式サイトへ

プログラミングの勉強で大事なことを3つほどまとめました

一昔に比べ、プログラミングスクールの数は大幅に増えました。

また、無料で学べるプログラミング学習サイトも数多くあります。

プログラミングを学び始めるのに、現在は良い環境が整っていると言えるでしょう。

ただ、学習を進める上で大事なことは、昔と変わっていないと思います。

今回は、その中から重要と思われる3つの点についてまとめてみました。

アプリやサービスを作る目的を持つ

これは、学習のモチベーションと大きく関わってきます。

「こんなサービスを作って公開し、世の中の人の反応を見てみたい」

「自分には全く作れそうにないアプリを自分で作り、それを実績として転職する」

このように目的が決まっていれば、それに向けて頑張ることができます。

決まっていない状態で、頑張り続けることは難しいですからね。

 

ちなみに「就職や転職」といった目的であれば、すぐに決まるかと思います。

しかし「こんなアプリを作ってみたい」という目的は、最初から持つのが難しいかもしれません。

ただ、だからといってプログラミングをあきらめてしまう必要はありません。

下記の記事にそのことをまとめました。

プログラミングで作りたいものがない場合学ぶ意味ある?について解説

2019.07.18

まずは1つのことをやり切る

プログラミングの参考書、無料の学習サイト、通い始めたスクールのテキスト・・・

何でも良いです。

まずは最初から最後までやり切ってください。自信につながります。

 

また、大事なことは「最初から最後まで全てを理解しようなんて、絶対に思わないこと」

プログラミングは、暗記するものではありません。では何なのか?

問題を調べて解決する

プログラミングは「トライ・アンド・エラーを繰り返し、使い方を覚えていくもの」という感じかと思います。

学習を進めていくと、例えば参考書通りにあなたがコードを書いたとしても、参考書に書かれていないエラーが出てしまうという場面に何度も出くわすことでしょう。

その原因は、コードを書き写す時のわずかなミスであったり、パソコンに作った学習環境と参考書が想定した学習環境の違いであったり・・・

そのような時、どうすれば良いか。

誰か相談できる人がいれば良いのですが、そうでなければ自分でネットで調べて解決するしかありません。

とりあえず、出たエラーの内容をGoogleに貼り付けて検索し、ヒットしたページをしらみつぶしに見ていってみる。

プログラマーの人は、このようなやり方で問題解決をしている方が大部分かと思います。

 

この話を聞いて、特に初心者の人は「自分には無理かも」と思ってしまうかもしれません。

その場合は、まだ少しだけエラーが出にくい方法で学習を始めてみましょう。

それについては、下記の記事で書きましたので、参考にしてみてください。

プログラミング超初心者のおすすめ勉強スタート法を紹介!

2019.07.19

ただ「ネットで調べて問題解決」という方法は避けて通れない道ですので、エラーが出た時は必ず行い、慣れていくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

プログラミングを学ぶ目的を持ち、問題を自分で解決しながら、1つのことをやり切る。

それを繰り返していけば、プログラミングは着実に身に付いていきます。

 

ところで、問題解決で調べまくり、自分でどれだけ考えても原因がわからず、ハマってしまった時は、一旦その問題から離れて休憩したり、別のところを学習してみるのも手です。

そして、翌日にまた問題の箇所に戻ってみると、意外にも解決策が見つかったりします。

ハマってしまった時は、一度試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です