知ってましたか??
プログラミングスクールへ通っても3割近くは最後までやり遂げないこと・・・
あなたにピッタリのプログラミングスクールで自由な働き方を==>>variiis公式サイトへ

知ってましたか??
プログラミングスクールへ通っても3割近くは最後までやり遂げないこと・・・
スクール選びの失敗をしたくない方へ==>>variiis公式サイトへ

プログラミングはタイピング必須!練習してどのくらいできれば良い?

プログラムは、プログラム言語の知識がないと書くことはできません。

しかし、たとえ知識があっても、それを入力できなければもちろん意味がありません。

また、入力できたとしても、人差し指でポチポチと打っていてはダメなわけです。

今回は、どのぐらいのレベルでタイピングできればとりあえず良いかについてや、その練習法をまとめてみました。

初心者の目標は「10分で日本語500文字」

この「10分で日本語500文字」の根拠、実はプログラミングとはあまり関係がありません。

ただ、全く意味のない根拠というわけではなく、社会人の実務で求められるのがこのレベルと言われています。

ビジネスキーボード認定試験
https://www.kentei.ne.jp/bus
※ビジネス実務で求められる技能は、C評価以上が目安となります。

正直なところ、プログラマーの人のレベルは、このレベルよりも相当上であることは間違いないでしょう。

ただ、初心者の人がそのレベルまでいきなり到達しようとして、やる気をなくしてしまっては元も子もありません。

ですので、まずは「これぐらいできれば、社会人としてとりあえず大丈夫」というレベルを目標にしてみることをオススメします。

測定方法は?

では、10分500文字はどのように測定すれば良いのでしょうか?

それを測るのにオススメのサイトがあります。

ベネッセ「タイピング練習」

※入力方式は必ず「ローマ字入力」を選択してください。

 

このベネッセのサイトでは、5分間の日本語入力文字数が測定できます。

5分ですので、先程の「10分500文字」を半分にした「5分250文字」が達成できるようになりましょう。

日本語入力の練習で良いの?

先程、ベネッセのリンクの下に「入力方式は必ずローマ字入力」と書きました。

これは「キーボードのアルファベットの配置を理解しながら日本語を入力する」ということです。

ですので、ローマ字入力で日本語を入力していれば、自然とキーボードのどの位置にどのアルファベットがあるかが体に染み付きます。

自分も、プログラムを書くために特別英語入力の練習をした覚えはありません。

また、意味のわからない英語で練習するよりは、日本語の方が楽しいかと思います(英語がペラペラな人は除く)

練習は少しでも楽しく

先程のベネッセのサイトで黙々と練習するのもいいですが、ハッキリ言って苦痛でしょう。

今回は「バラエティに富んでいる」「ゲーム性がある」という特徴を持つ、タイピング練習サイトをご紹介します。

バラエティに富む:e-typing

e-typing

e-typingは、入力する日本語を「スポーツ」「方言」「しりとり」などから選ぶことができます。

また、練習するのにユーザー登録は不要ですが、ユーザー登録をすることで自分の成長度合いが確認できたりします。

気になる人は、ユーザー登録してみるのもいいでしょう。

ゲーム性がある:寿司打

寿司打

寿司打は「回転寿司×タイピング」ゲーム。

目の前のお皿が自分の前を通り過ぎる前に入力が完了すると、その寿司をゲットできるというゲームです。

e-typingとは違い、いやが上にもスピードが求められますので、良い練習になること間違いなしですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まず、ベネッセのサイトで自分の現在の実力をチェックしてみましょう。

そして、練習サイトで毎日少しでもいいので練習し、ちょっとスピードが上がってきたかな?と思ったら、ベネッセのサイトでテストしてみてください。

きっと、最初より入力文字数が増えているはず。

あとは、それを繰り返していけば良いだけです。

 

また、10分500文字をクリアしていなくても、練習とテストを何回か繰り返した後、適当なプログラムを試しにタイピングしてみてください。

英語であるプログラムも、おそらく日本語とほぼ同じように入力できるようになっているのではないかと思います。

そうなっていれば、さらにタイピング練習にも気合が入ること間違いなしです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です