元プログラミングスクールRainbowApps講師で現在外資企業でITコンサルタントとして働くタカユキと教え子のフリーランスエンジニア数名が本サイト運営しております。
全員プログラミング未経験からSTARTしたメンバです。
各種プログラミングスクールの事情も調査済!!安心してお読みください!!
知ってましたか??
プログラミングスクールへ通っても3割近くは最後までやり遂げないこと・・・
スクール選びの失敗をしたくない方へ==>>variiis公式サイトへ

プログラミングの仕事内容は?職種から実務までを紹介します

プログラミングの仕事内容がどのようなものなのか興味を持っている方は多いのではないでしょうか。

プログラミングのスキルがあれば、高収入の求人に応募できたり、好きな業界でそのスキルを活かせたりすることができます。

しかし、実務未経験の場合は、仕事内容や職種がよくわからず、自分はどういう職種を目指せばよいのか、何を勉強するべきか、迷ってしまうかもしれません。

仕事内容や職種を把握しておけば、将来のキャリアプランのイメージが明確になり、業界や会社の選択もしやすくなります。

そこでこの記事では、

・プログラミングを覚えたらどんな仕事に就けるか
・職種ごとの仕事内容や平均年収
・プログラミングスキルがあると入れる業界

以上について解説していきます。

最後までお読みいただければ、プログラミングを学ぶことで実現できるキャリアについて詳しく知ることができます。

プログラミングを覚えるとどんな仕事があるか?

プログミングスキルを習得することでITエンジニアとしてどのような職種があるのか見ていきましょう。

職種 仕事内容 年収(会社員の場合)
プログラマー Webやアプリケーション、ソフトウェア開発 400〜550万円
SE(システムエンジニア) プログラマーやプロジェクト進行上の管理を行う 500〜650万円
Webデザイナー・コーダー Webサイトのデザイン、制作 400〜500万円
セールスエンジニア・プリセールス エンジニア兼営業サポートとして顧客対応を行う 600〜800万円
ITコンサルタント 企業へのIT技術導入等により経営・業務の改善提案を行う 700〜1000万円
プロジェクトマネージャー 案件全体の管理(予算・計画立案・人材の編成等)を行う 600〜800万円

代表的な職種を紹介しましたが、IT技術は多岐にわたりますので上記以外にもたくさんあります。また、プログラマーといっても、様々なプログラミング言語がありますので、言語によって年収は大きく変わります。

純粋にプログラミングスキルだけで就ける職種は、上記の表の中ではプログラマーやWebデザイナー・コーダーくらいです。

それら以外の職種では、案件の管理や営業サポート、コンサルティング業務が絡んできます。一例として、SE(システムエンジニア)であれば、人の管理のためにコミュニケーションスキル、お金の管理のために会計のスキル、顧客の業務フローの知識など、プログラミング以外に必要なスキルは様々です。

プログラミング以外に必要なスキルが増えれば仕事としてはより難しくなりますし、ある程度の実務経験が求められますが、その分年収も増えていきます。ITコンサルタントになれば年収1000万超も珍しくありません。

つまり、ITエンジニアは、プログラマーとして開発の現場でIT技術に携わるだけでなく、営業、人やお金の管理、経営コンサルタントなど、様々なステップアップが可能な魅力ある職業なのです。

以上のように様々な職種があることがわかりました。

ITエンジニアとして実務未経験であり、今後プログラマーに転職したいが、IT業界で仕事を続けていけるか不安という人もいるかもしれません。

近年では、フリーランスエンジニアとしてプログラマーを続ける方が増えてきています。フリーランスエンジニアであれば、上記の表の年収よりも多く稼げる人が多いです。フリーランスならプログラマーであっても年収1000万以上の求人があります。

フリーランスエンジニアの案件では、年齢が30代、40代でもフリーランスのプログラマーとして活躍される方も珍しくありませんし、案件も自由に選べるので、自分に合った職場でスキルアップしていくことが可能です。

これからITエンジニアになりたい方の中には、エンジニアのキャリアに関して相談できる人が周りにおらず、1人で悩んでしまう方も少なくないと思います。

そんな場合は、現役エンジニアが相談にのってくれるプログラミングスクールを利用してみることをおすすめします。

プログラミングを覚えるとどんな業界に入れるか?

プログラミングスキルを習得することによって様々な業界に入ることができます。
プログラミングスキルを元に、何をしたいか、どういうキャリアプランを持っているかによって選ぶ業界や企業は変わってきます。

本章では、いくつかの業界を抜粋して説明するとともに、その代表的な企業を紹介していきます。

スマホアプリ開発・ソーシャルゲーム開発

スマホアプリやソーシャルゲームなどの開発を行います。

ゲーム好きの方はゲームの開発に携われるので、まさに趣味を仕事にできる業界と言えるかもしれません。

比較的若い企業ばかりであり、自由な社風や働きやすい環境であることが多いのが魅力です。また、トレンドにのって新規事業が次々と立ち上がることもありますので、エンジニアとしてサービスを0から作り上げるという経験ができます。

アプリ開発はフリーランスエンジニアの案件でも多くありますので、将来的にフリーランスとして活動したい方にとってもキャリアチェンジしやすい業界と言えます。

代表的な企業は、DeNA、サイバーエージェント、LINE、GREEなどがあります。

ITメーカー・ ITベンダー

パソコンやソフトウェアの開発や企業へのIT技術導入、保守などを行う業界です。

業務としては、自社製品の企業への導入や導入後の保守運用を行います。また、個人を相手としたカスタマーサポートを行う部門もあります。

ITメーカーやITベンダーは一般的に有名な大企業であることが多いので、有名企業への転職を考えているならば、転職先としては選択肢の1つとなるでしょう。年収も一般的なIT企業に比べて高めです。

ITメーカーやITベンダーにおける案件は大企業を相手することが多く、扱うシステムが大規模であったり、求められるITスキルも幅広くて深かったりするので、ITエンジニアとしての成長はより期待できます。

代表的な企業は、日立、NEC、富士通、NTTデータ、マイクロソフト、IBMなどがあります。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、企業へ最新のIT技術導入を提案していくことで、経営戦略や業務改善に深く関わる業界です。

ITスキルだけでなく、経営や業務に関する知識、コミュニケーションスキルなど幅広いスキルが必要とされます。

平均年収はIT業界の中でもトップクラスであり、管理職クラスでは年収1000万を超えることがよくあります。

有名なコンサルタント関連企業は外資系が多く、即戦力が求められたり、激務であったりします。一方で、在宅勤務やフレックスなど多様な働き方が認められる環境も多いのが特徴です。

代表的な企業は、アクセンチュア、マッキンゼー、デロイトトーマツなどがあります。

WEBサービス

インターネットによって通販、情報サイト、メディア、ソーシャルネットワークなど様々なサービスを提供する業界です。

エンジニアの役割としては、提供しているサービスの発展や改善のためにシステム開発等を行います。新しいサービスや機能を実現するために、エンジニアとして様々な課題に挑戦していけますのでやりがいがある業界です。

Webサービスは日本全体、世界全体で使用されていることが多いので、自分の携わるサービスが人の役に立っていることを実感できるでしょう。

代表的な企業は、アマゾン、グーグル、楽天、yahoo、価格.comなどがあります。

まとめ

以上から、IT企業にもいろいろな業界、職種があることがわかりました。

興味ある業界、職種が見つかったが、どういうスキルを身につけ、どのようなキャリアを積んでいけばわからないという方はプログラミングスクールの無料相談を受けてみることをおすすめします。

プログラミングスクールの無料相談は、実務経験豊富な現役エンジニアが担当してくれるので、今後実現したいキャリアが明確になります。

エンジニア未経験の人もまったくの他業界からIT業界へ転職するケースも増えていますので、少しでもエンジニアに興味があれば、プログラミングスクールの無料相談を受けてみましょう。

本サイトには本記事以外にも参考になる記事がたくさんありますのでぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です