d school オンラインプログラミング講座の内容や評判について!

2020年の小学校でのプログラミング教育必修化まですでに2年を切りました。

今の子供達にはプログラミングは国語算数にならぶ必須教育になりつつあります。

現在IT業界に生きる私共からしてもITスキルを知らないと今後は「本気でやばい」と感じています。

英語も大事と言われていますが、思考回路を鍛えるにはプログラミングが圧倒的に重要です。

そんなわけで今回はプログラミングキッズ向けのおすすめD-SCHOOLについて紹介します。

週刊東洋経済掲載のD-SCHOOLオンラインについて


D-SCHOOLオンラインは子どもたちがプログラミングと英語を一緒に学べるオンライン講座です。

下記の4講座が随時実施中です。

コース 年代 価格 期間 内容
マイクラッチコース 小学校3年生から 3,980 1ヶ月〜(合計12ヶ月) コースは全12回、最終的に自分だけのダンジョンを作っていきます!
英語&プログラミングコース 小学校3年生から 3,980 1ヶ月〜(合計12ヶ月) プログラミングや英語を学びながら、自分だけのロールプレイングゲームを作ってみよう!英語&プログラミングコースでは、ロールプレイングゲームに登場するいろいろな場面を作っていきます。
ロボットプログラミングコース 小学校3年生から 4,980 1ヶ月〜(合計6ヶ月) 専用のブロックを使ってオンラインで本格的なロボットプログラミングを学んでいく楽しいコース
ゲーム制作コース: シューティングゲーム 小学校1年生から 1,980 60〜90分(1回) 初めてのお子様にも気軽に始めていただけるシューティングゲームです。
ゲーム制作コース: ダンスゲーム 小学校1年生から 1,980 40〜60分(1回) プログラミングが初めてのお子様にオススメのダンスゲーム!

年齢はあくまで推奨ですので、お子様の学習速度に勧めてどんどん受講してもOKです。

ゲームを作るのでお子さんも非常にとっつきやすいかと思います。

お値段もリーズナブルで受講しやすいのですが14日の無料体験もあります。

オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミングはこちら

どのコースが一番よいですか?という質問に対して

回答としては、コースを通じて学べるプログラミング思考(プログラミング学習から得られる論理的思考力)やデジタルリテラシーはどれも同様に設計しております。
そのため、入り口としてお子様が一番興味のあるコースをお選びいただくのが一番よいご選択であると考えております。

プログラミングの学習に関して

2020年までにあと2年を切っているのにまだまだお子様のプログラミングスクールが少ないのが実情です。

私の住む東京都内でキッズ向け講座を初めたいくつかのスクールはすでに毎回満室だそうです。

こちらのD-Schoolの講座はオンラインベースなので自宅学習には最適です。

そして公文式と同じでどんどん上の講座へと進んでいけるのもプログラミングの良いところです。

まずはこちらの講座を受講してその次は社会で利用されているプログラミングを学ぶことががおすすめです。

下手に書籍なんかを買うよりも導入はスクールのレールにのって学ぶことが理解速度を何倍にもします。

まとめ

とにかく、今お子さんの将来を見据えるならプログラミングは必須です。

実社会でにおいてIT業界は人材不足が激しく、経歴・学歴が関係なくプログラミングさえできれば月収100万円の仕事なんかも世の中に多数あります。

地方で実家の農家を継ぎながらパソコン一台で仕事を請け負って収入を増加させることなんかも可能です。

オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミングはこちら

お子様の理解が早ければこちらをおすすめします。
日本No1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy・

こちらもD-Schoolと同様に日本中どこでも受講可能なオンライン講座です。さらに、現役のプログラマーからの指導が受けられ、オリジナルスマホアプリやWEBサービス開発が学べます。

TechAcademyジュニア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です