知ってましたか??
プログラミングスクールへ通っても3割近くは最後までやり遂げないこと・・・
あなたにピッタリのプログラミングスクールで自由な働き方を==>>variiis公式サイトへ

知ってましたか??
プログラミングスクールへ通っても3割近くは最後までやり遂げないこと・・・
スクール選びの失敗をしたくない方へ==>>variiis公式サイトへ

プログラミングでできることは?どんなものが身近にあるかをご紹介

近年プログラミングがいろいろと話題になっているので、プログラミングについて詳しく知りたい、一から学んでみたい、という人は多いのではないでしょうか。

しかし、プログラミングを学ぶ以前に、「そもそもプログラミングってどういうものなの?」、「プログラミングはどれだけ重要なんだろう?」など、いろいろと素朴な疑問を持っていませんか?

プログラミングを学ぼうにも、興味がなければ勉強する気がなかなか起きませんよね。

そこでこの記事では、

・プログラミングの概要
・プログラミングが世の中でどのように利用されているか
・プログラミングを学ぶことの必要性

以上について書いていきます。

最後までお読みいただければ、プログラミングの重要性について知ることができるはずです。

プログラミングとはどういうもの?

Wikipediaではプログラミングを以下のように定義づけています。

プログラミングとは、コンピュータプログラムを作成することにより、人間の意図した処理を行うようにコンピュータに指示を与える行為である。

実際のプログラミングでは、コンピュータが手順に従い処理していく仕事を、コンピュータが理解できるように記述した文、つまりプログラミング言語によって作成していきます。

プログラミング言語というと「専門的すぎて難しそう」、「理系じゃないと無理なのでは?」と思うかもしれません。

しかし、文系のプログラマーも多いですし、プログラミング言語の習得も一種の外国語学習と似ていて、一定のルールや文法を覚えていく部分が多いです。

プログラミングは最初こそとっつきにくく感じますが、誰しもが学ぶことができますよ。

プログラミングが世の中でどのように利用されているか

今の世の中では、プログラミングはもはや無くてはならない存在と言えるでしょう。

プログラミング技術が日常生活で利用されているものの代表的な例としてはインターネットがあります。

実際、老若男女問わずインターネットを利用していますし、皆さんも日常生活で何かしらお世話になっているはずです。

物を購入するにはAmazon、友達とつながるにはInstagram等のSNS、動画を見る場合にはYoutubeを見ることが多いと思いますが、いずれもプログラミングがなくてはサービスを提供できないものとなります。

Amazonを一例としてみますと、商品の検索や購入、メールでのやり取りなど皆さんも経験したことがあると思います。利用者としてはマウスで商品を探したり、キーボードを使って探したい商品名を打ち込んだりと直感的な操作をするだけですが、いずれもプログラミングによって膨大なデータを処理しているおかげで自動化ができているのです。

これら以外にも、プログラミング技術、インターネット技術を取り入れた機械は増加傾向です。

例えば、スマホの操作をインターネットを経由することによって、自宅の監視カメラの映像を見たり、家電を操作できたりできるようになっています。

ビジネスの現場でも、日常的な勤怠管理、会計税務処理、などこれまで紙媒体で行ってきたものが次々とソフトウェア上、インターネット上で高速かつ自動的に処理されるようになりました。

いずれもプログラミングの技術を様々な場面で応用することによって実現したものなのです。

今後もより多くのことがプログラミング技術の恩恵を受けて便利なものへと変わっていくでしょう。

プログラミングを学ぶことの必要性

これまで説明してきた通り、プログラミングは日常生活でもビジネスの現場でも必要性は増しており、今後プログラミングの知識は必須となっていくでしょう。

実際に、学校の教育でもプログラミングの科目が取り入れられる予定とのことです。そうなると、プログラミングの知識は誰しもが身につけている時代が来てもおかしくありませんね。

とはいえ現時点では、「ITエンジニアにはなるつもりはないからプログラミングは学ばなくてもいい」、「自分は利用者側だからプログラミングは学ばずに使用できればいい」と考える人もいるかもしれません。

しかし、今後はAIに取って代わられる可能性が高い仕事がたくさんあり、しかもそう遠くない将来とも言われています。

すぐにAIが仕事をするまでいかないでしょうが、エンジニアでなくとも、プログラミングの知識を要求される場面が増えてくることは間違いないでしょう。

いま現在でも、プログラマーが慢性的な人手不足と言われてます。

そのため、プログラミングの知識と経験を有する人は貴重な人材であり、経験年数が浅い場合でも高収入を得られることは少なくありません。

それに加え、今後プログラミングの知識の必要性が増すわけですから、プログラミングスキルの需要はますます高まるでしょう。

しかも、プログラマーは在宅勤務が珍しくなく、ある程度のスキルがあればフリーランスとして活動することも容易なので、自由な働き方が可能です。

将来的に日本が大きな不況に陥るかもしれませんし、終身雇用が崩壊しつつある今、会社に縛られず、一生涯のスキルを身につけることが大事になってきています。

また、プログラミングを仕事として行う以外でも、趣味やサークルのホームページを作ったり、スマホのアプリを自作するなど、プライベートを充実させる目的で学ぶ人もいます。

プログラミングの知識は様々な場面で活かすことができますから、まさに学んで損はないスキルと言えるでしょう。

プログラミングでできる事のまとめ

ここまでプログラミングについて紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

プログラミングは今後ますます必要不可欠なものとなり、プログラミングを学ぶことで生活を豊かにすることができるはずです。

ただ、「プログラミングが重要なことはわかったが何から学べばわからない」、「プログラミングを学んでみたいが難しそう」と感じた方も多いと思います。

書店には入門者向けのプログラミング本がありますが、実際独学は難しいですし、本からではプログラミングによって何が作れるか、プログラマーの仕事がどのようなものかイメージがつかみにくいものです。

せっかくプログラミングの学習にモチベーションがあるのに、独学が挫折し、プログラミングの習得をあきらめてしまう結果になってしまうのは大変もったいないことですよね。

そんなプログラミングの学習に悩んでいる人のために、無料で学べるプログラミングスクールがいくつかあります。

プログラミングスクールでは、プログラミングを実際に手を動かしながら体験できますし、プログラマーという仕事についても詳しく聞くことができるのです。

プログラミングに興味がある人は、ぜひ一度プログラミングスクールの無料体験を受けてみることをおすすめします。

下記の記事には、プログラミングの入門としてやってみると良いことをまとめてありますので、よければご覧ください。

プログラミングの入門としてやるべきこと4つまとめました

2019.07.24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です